クラッシュオブクランズ(Clash of Clans)│防衛施設ダメージの種類

クラッシュオブクランズ(Clash of Clans)│防衛施設ダメージの種類

プレイヤーの村に、他のユーザーからの侵略を防ぐための防衛施設のダメージの種類を紹介します!
防衛施設のダメージの種類の範囲効果、単体攻撃、複数同時攻撃をしっかり把握してから村に配置をするだけで防衛成功率が上がります。

単体攻撃

・大砲
・アーチャータワー
・対空砲
・かくしテスラ
・巨大クロスボウ

範囲効果

・ウィザードの塔
・迫撃砲

複数同時攻撃

・インフェルノタワー

 

他のユーザーがプレイヤーの村を攻めるときは、必ずと言ってもいいほど防衛施設目掛けてユニットが攻めてきます。そのため、防衛施設の配置が防衛成功の鍵になります。範囲攻撃をすることが出来る防衛施設は、ウィザードの塔と迫撃砲の2種類しかないので村の中心に配置して、壁やそのほかの施設で囲むようにしましょう!範囲攻撃は、攻撃をした範囲に敵が複数いる場合は複数全体に同時にダメージを与えることができるので一気に多数の敵ユニットを倒すことが出来ます。

 

また、防衛施設には射程、攻撃目標、優先攻撃目標があります。

射程

防衛施設には、敵ユニットに攻撃をすることが出来る射程があり、防衛施設ごとに射程のマスが異なります。防衛施設をタップすると、薄い白い円内が攻撃が出来る範囲を確認することが出来ます。
クラッシュオブクラン射程

攻撃目標

防衛施設は地上、空中、地上&空中のユニットに攻撃が出来ます。空中のユニットには、ヒーラーやドラゴンがいるので空中攻撃が出来る防衛施設は貴重になるので、しっかり周りを固めて簡単に破壊されないように気をつけましょう。

優先攻撃目標

かくしテスラのように、P.E.K.K.Aに対してダメージが2倍になるような防衛施設があります。しっかり、各防衛施設の特性を理解して村に配置をすることでしっかり他のユーザーからの攻撃も防げるようになります!

 

防衛施設について詳しくは、クラッシュオブクランズ(Clash of Clans)攻略裏ワザ│防衛施設のページをご覧ください。